大内農場について

米と豆を中心に 生産・加工から販売まで

当社は丹波篠山という立地条件に恵まれた場所で創業いたしました。先人たちの努力で作り上げられた丹波篠山ブランドの作物を中心に生産しています。その中でも丹波篠山コシヒカリと丹波篠山黒豆の2種を中心とした農業経営を行っており、畜産農家と連携して土づくりから取り組んでいます。
また、単に農産物の生産だけにとどまらず、米から作り出される日本酒などの加工品、さらには直売などにも力をいれています。

安心安全、環境に配慮した活動を続けるとともに、地域の産業と連携しながら楽しい農業パフォーマンスを広げ、皆様からご支持いただけるような企業を目指してまいります。

会社概要と沿革

【会社概要】
社名 株式会社 丹波篠山大内農場
所在地 〒669-2163兵庫県篠山市今田町本荘395
TEL/FAX TEL:079-597-2517 FAX:079-597-3519
代表者 代表取締役 大内正博
設立 平成20年12月1日
資本金 1,500,000円
事業内容 農産物生産販売/農作業受託/観光農園/農産物検査
加盟団体 篠山市認定農業者協議会
篠山市商工会
兵庫大地の会
JA丹波ささやまコントラクター協議会
JA丹波ささやま青年部
【沿革】
1993年(平成5年) 大内敬博が脱サラし専業農家になる
1998年(平成10年) 篠山市認定業者になる
2004年(平成16年) 父・兄弟3人で農業を始める
2007年(平成19年) 観光農園 黒枝豆狩り開始
2008年(平成20年) 株式会社大内農場設立
代表取締役 大内正博就任
2011年(平成23年) 6次産業総合事業化計画認定
2014年(平成26年) 地域と連携し農地の面的集積を行い規模拡大を図る
アドバイザーや専門家を招き基盤強化を図る

アクセスマップ

アクセスマップ